学校からのご要望ランキング!ーアンケート集計結果②ー

★トレンド!学校からの要望ランキング★ーアンケート集計結果②ー

先日配信した「BSC教育旅行に関するアンケート2021」にて

”「最近増えてきたな」と思う学校からのご要望は何ですか?”

と質問させていただきました。↓その際のアンケートの集計結果を発表いたします↓

1位:コロナ対策について
2位:SDGs関連
3位:近場への振替案について
4位:キャンセル規定について
5位:オンライン修学旅行
6位:その他
———————————-
【1位:コロナ対策について】
皆さまが日々一番苦労されていることかと存じます・・・
特に昼食時のレイアウトや、全体レクリエーションが大変というご意見が多かったです。
早く収束することを祈るばかりです。

大変な状況下ですが、私たち観光業を救う助成金制度も昨年度に引き続き展開されています。
以下サイトにて、各地方の助成金情報がまとめてあったので、ご参考になりますと幸いです。
▶▷【2021年】修学旅行で利用できる助成金情報まとめ(団体旅行ナビ)

【2位:SDGs関連】
子供たちを「持続可能な社会の創り手」として育成するべく、

今年度さらに注目されている「SDGs」。しかし教育現場の現状として、

概要を理解している教育従事者は1~2割程度だといわれています。(2020年11月時点)

理由①:校長先生も担任先生も、自分の専門教科や領域を中心に見がちなため。

理由②:新学習指導要領が公示された2017年は英語やプログラミングが報道の中心だったため。
参考サイト:新学習指導要領「前文」読み解けない学校の末路(東洋経済オンライン)

・・・日々の授業工程に取り入れることが難しいため、

修学旅行での学習が今後さらに求められると考えます。

旅先の体験施設等で、SDGs学習の対応ができることが最も望ましいですが、

「その場限りの学び」とならないよう、
事前/事後学習までトータルプロデュースすることで学校様からの信頼もあつくなりそうな・・・
BSCでも早急に取り組みを進めておりますので、ご期待ください!


【5位:オンライン修学旅行】
コロナ渦の中、教育旅行においては

「どこに行くのかではなく、誰と何を学ぶのか」が重要視されていると感じます。
アフターコロナで、オンライン修学旅行のニーズは減りそうですが、
JTB総合研究所様のコラムがとても興味深かったので、是非ご一読ください♪
▶▷変わる修学旅行の“カタチ”・変わらない修学旅行の“カチ”・コラム – JTB総合研究所 (tourism.jp)

【6位:その他】
その他、ご意見いただいた中で”今後も学校からのニーズが増えそうだな”と感じたのは、

・職業体験

・キャリア教育

・探求学習
・全体レクリエーションの提案

です!今後詳しく「みのり通信」にて配信したいと思っております。

皆様のご意見や感想など、お聞かせいただけると嬉しいです!
引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。