【関東編】学校団体受け入れOKの「飯盒炊爨」ができる体験学習施設9選|校外学習・修学旅行におすすめ!

教育旅行の意義・目的として主に挙げられるのが、

・「集団生活の在り方を学ぶ」

・「見聞を広め、自然や文化などに親しむ」

・「公衆道徳などについて望ましい体験を積む」

など・・・この目的を一気に達成できる!?といっても過言ではないのが「飯盒炊爨」

体験と食事が一緒にできるというのも、人気の理由の一つです。

そもそも「飯盒炊爨」とは?

飯盒炊爨(はんごうすいさん)とは、飯盒を使ってご飯を炊く!というもの。

飯盒は、キャンプ・登山など野外における調理に使用する携帯用炊飯器・食器のことを指します。

野外でも簡単にご飯が炊けることや、炊飯以外の料理にも幅広く利用できることから、現代においてもキャンプや学校の林間学校などで定番行事となっています。

学校団体受け入れOKの体験施設 関東編

本記事では、学校団体受け入れOKの「飯盒炊爨」ができる体験学習施設、計9か所の情報をまとめました。

今回は、修学旅行の行先として人気な、千葉県や栃木県、神奈川県を含む「関東編」となります。

ぜひ最後までご覧ください。

千葉でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

清水公園

清水公園は、「自然とともだち」をキャッチフレーズに自然と触れ合える公園です。

園内にはフィールドアスレチック、キャンプ・バーベキュー場、ポニー牧場、アクアベンチャー、花ファンタジアなど地形や森林を生かした施設などがあり、学校団体向けのプランとして、飯盒を使った炊飯とカレー作りを体験できます。

40名~最大600名規模の遠足、校外・体験学習などに対応可能で、行事として野外活動を行ないたいとお考えの学校様におすすめです。

体験メニュー名 飯盒炊さん&カレー作り学校団体さま限定プラン
料金 1,500円(1名様)
定員 40名~最大600名規模
所要時間 全体で120~180 分程度
所在地  〒278-0043 千葉県野田市清水906
施設HP 清水公園 公式ホームページ (shimizu-kouen.com)

成田ゆめ牧場

千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場』は、約9万坪=約30万㎡の広さ(東京ドームの約7倍)の敷地面積を持つ観光牧場です。

成田ゆめ牧場併設のオートキャンプ場で、飯盒炊さんをお楽しみいただけます。

収容人数は約240名×テント2棟(=560名)で、屋根下での火おこし・調理・片付け・洗いものまで生徒同士が交流を深める場としてもってこいの場所です。

体験メニュー名 飯ごう炊さん・カレー作り
料金 1,800 円 ( 小学生 1,500 円 ) ※引率の先生方:食材費のみ 1 人前 600 円
定員 最大約 560 名
所要時間 2 時間半~3 時間(目安)
所在地 〒289-0111 千葉県成田市名木730-3
施設HP ゆめ牧場 – 日本一オイシイ乳製品をつくる観光牧場「成田ゆめ牧場」へようこそ! (yumebokujo.com)

栃木でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

葛飾区立日光林間学園

「飯ごう炊さん」や自然観察などの、自然体験活動をはじめ、「仲間づくりゲーム」などグループワークを深めることのできる活動や思い出を形にする「キャンプファイヤー」や「クラフト」など、オーダーメイドで様々な活動を行うことができます

個人の方、区外の方のご利用も大歓迎!

体験メニュー名 飯ごう炊さん(カレー)
料金 ¥350(1束 薪代)+ ¥820(材料代)+ ¥100〈区内〉or ¥120〈区外〉(場所代)
定員 ~150名様
所要時間 約3時間 ※人数によって異なります
所在地 〒321-1435 栃木県日光市花石町 2067番地1
施設HP 葛飾区立日光林間学園 (katsushika-nikko.info)

群馬でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

伊香保グリーン牧場

伊香保グリーン牧場は、自然環境への配慮や動物福祉を推奨した施設として1970年に開場しました。
動物たちに直接触れることで、命の大切さや生き物への慈しみを学べる場所です。

団体様向けのプランが非常に充実しており、教育旅行での体験としておススメの場所です。

体験メニュー名 デイキャンププラン(飯ごう炊さん)
料金 教員  2,000円
小学生 2,500円
中学生 2,600円
高校生 2,700円
定員 20名~最大468名規模
所要時間 要お問い合わせ
所在地 〒377-0027群馬県渋川市金井2844-1
施設HP 伊香保グリーン牧場-IKAHO GREEN BOKUJO-

菅沼キャンプ村

菅沼キャンプ場は、群馬県利根郡片品村菅沼湖畔にあるキャンプ場です。

ここでは電気、ガスのない山の中での厳しい生活を通じて学生様に仲間との協力・自己管理・自然の大切さを学ぶことができます。

多くの学校受け入れ実績で登山、飯盒炊爨、キャンプファイヤーなど様々な自然体験を提供されています。

体験メニュー名 飯盒炊爨 カレー作り
料金 施設利用費:1人330円(日帰り炊飯のみ頂戴します)
炊飯用具:団体用(30人以上)1式1人・・・110円
その他、備品レンタルなどの料金(要お問い合わせ)
定員 30名~
所要時間 約2時間
所在地 〒378-0414 群馬県利根郡片品村大字東小川 4655-17
施設HP 菅沼キャンプ村☆菅沼キャンプ場 (sugenuma.com)

神奈川でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

こどもの国

都心からわずか30キロ、広大な敷地は自然豊かでたくさんの子どものあそび場。

上皇・上皇后両陛下のご結婚に際し、国民から寄せられたお祝い金の使途について「子どものために使ってほしい」という両陛下の希望から、子どものあそび場として1965年に開園しました。

その中にある、炊事経験の豊富なスタッフが常駐する大きな屋根のある野外炊事場で、飯盒炊爨を行うことができます。

ドラム缶かまどピザ・ダッチオーブン料理・カレー作り・バーベキューなど様々なアウトドア料理を楽しめます!

体験メニュー名 野外料理(カレーライス作り/ドラム缶ピザ)
料金 年齢・メニュー・使用する備品により異なる
定員 最大収容人数200名(新型コロナウイルス感染予防のため縮小しています)
所要時間 10 時~15 時の間で数時間程度
所在地 〒227-0036 神奈川県横浜市青葉区奈良町700
施設HP こどもの国|子どもが今やりたいことをして遊ぶ場所|神奈川県横浜市 (kodomonokuni.org)

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト園内の東側、山の傾斜を利用して作られたワイルドクッキングガーデンでは、自然の中で開放的なバーベキューが楽しめます。

本格的な炭火の火起こし体験から、団体様専用プランとして、飯盒炊さん、カレー作りや、バームクーヘンづくりもできます!

体験メニュー名 ワイルドクッキングガーデンバーベキュー
料金 要お問い合わせ
定員 約2000席
所要時間  要お問い合わせ
所在地 〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
施設HP さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト (sagamiko-resort.jp)

埼玉でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

埼玉県立加須げんきプラザ

げんきプラザの体験活動「野外炊事体験」では、職員の方が飯ごうの使いかたや薪の組み方、火のつけかたなどを教えてくれます。(指導依頼書の提出が必要)

食材を用意していただければ、カレーやおにぎり、バーベキューもできます。

飯ごう炊さんを通して、ものを作り上げる喜びを知るとともに、協調性を身につけることができます。

体験メニュー名 野外炊事体験
料金 要お問い合わせ
定員 要お問い合わせ
所要時間 180分程度
所在地 〒347-0032 埼玉県加須市花崎456
施設HP ようこそ!加須げんきプラザへ – 埼玉県立加須げんきプラザ (spec.ed.jp)

茨城でおすすめの「飯盒炊爨」体験施設

こもれび森のイバライド

森のイバライドには、小さな子どもから大人まで楽しめる遊具やアスレチックがいっぱい。

校外学習のご利用に好評な飯ごう炊さんのプランは、グループで協力しながら、ご飯を炊いたり、カレー作りをします。

野外料理の定番アイテム「飯ごう」で、本格的なご飯炊きに挑戦してみませんか。
大鍋でコトコト煮込んだカレーをたっぷりかけたら、青空の下でいただきます!

体験メニュー名 飯ごう炊さん&カレー作り
料金 生徒1,600円/先生800円 ※入園料含む
定員 15名~
所要時間  要お問い合わせ
所在地 〒300-0528 茨城県稲敷市上君山2060-1
施設HP こもれび森のイバライド 茨城県 (ibaraido.co.jp)

まとめ

本記事では、学校団体受け入れOKの「飯盒炊爨」ができる体験学習施設の情報をまとめました。

仲間と協力しながら、自然豊かな野外で料理を作ることは、生徒様にとってどんな状況下でも生きる力を育むことができると思います。

今回ご紹介した体験学習施設で、生徒1人1人にとって実りある修学旅行になるよう心から願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪